スポンサーサイト

  • 2016.10.31 Monday
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


いろいろイイカタチ

 実に2か月と半分くらいぶりの更新です。

 その間にいろいろとありまして、たいへんなドタバタのバタバタでした。
 ここに来てようやくあれこれと落ち着いて来た感じです。
 そして今はいろいろとイイカタチ。

 さて、9月に入ってからもシゴトの勢いは止まらず完全に作業がオーバーフロー。
 急な欠員もあり人手足らずで一時的に機能マヒするくらいになったりもしました。
 製品の不良率もやや上昇して、一部のお得意先さまにはご迷惑を掛けたりしてしまいました。
 しかしながら、社員みんなの超人的な努力といままで発揮できなかった協力作業のおかげで、その危機的状況をなんとか乗り切りました。

 10月終わってもシゴトは忙しい状況ですが、欠員の補充もできたし、パートさんもいいタイミングで来てくれました。
 これで今年末まではしっかりと乗り切れそうです。
 がんばってくれているみんなにホントかんしゃです、どうもどうもありがとう。

 さて、晴れて新採用となった新人の浅野氏は、いまは修行中。

 もちろん刃型経験者ではありませんが、CADが少しわかること、モノづくりに関心があること、あとはほんの少しだけ木型を知っていたこと。
 で採用。
 ですが本当はそれらが決め手ではなく、短い時間での話しの中で感じた彼の人柄と性格を信じて最終的に決めました。

 いまのところ、順調な滑り出しで社員のみんなからの評価も悪くない。
 彼ならやってくれると思いますし、そんな気がします。
 しばらくは分からないことばかりでたいへんだろうけども、しっかりと乗り越えてもらって、はやいとこ日伸の仲間になってくれることを期待しています。

 なかなかテキパキとは言えませんが、少しずつながら日伸製作所はさらにイイカタチへと進歩進化してゆきます。
 お得意先さまにとっても、そして社員のみんなにとっても必要不可欠な存在にしたいです。

 新しくなった日伸製作所をこれからもどうぞどうぞよろしくです。


パートさん大募集中!!

 お盆明け、今日から後半戦の始まりです。

 さてさっそくですが、日伸製作所はいまシゴトのお手伝いをしてくれる人を探しています。

 ありがたいことに、ここ数年で忙しさがかなり増してきておりまして、その反面社員のみんなの作業負荷はオーバーフロー気味。

 そこで、社員さんの職人技的で専門的なシゴト以外のカンタンな作業をお手伝いしていただけないかと言うことです。

 おおまかなことは以下の通りです。

  仕事内容:工場内軽作業
  時  間:月曜〜金曜の週3〜4日、13時〜17時ごろまで
  給  与:時給950円〜
  応  募:随時面接

 細かいことは以下の通りです。

 仕事内容ですが、カンタンとは言っても工作機械を扱う作業です。
 ボール盤という穴あけをする機械や、断裁機という鉄板やアルミ板を切ったり工具を使います。
 取扱いはカンタンですが、ある程度慣れてもらう必要があります。

 次に時間ですが、『平日の午後』が基本です。
 月〜金のうち3日間くらいが理想で2日でも5日でもいいです。
 時間についても、14時から17時まででも、13時から16時でもいいです。
 なるべく希望に合わせます。

 給与については950円とありますが、まず慣れていただくまで850円です。
 慣れてくればすぐに上げます。
 さらに多くのシゴトをこなしてくれれば、もっと上げます。約束します。

 いつでも面接しますので、とりあえずお電話ください。
 お電話で面接予定日を決めますので、履歴書を持ってご来社ください。

 とにかく一度話し聞いてみたいと言う方でもいいので、お電話お待ちしております。
 わからないことや聞きたいことでもお気軽にお電話ください。

  電話:06−6977−0061(担当:シンタニ)

 よろしくお願いします。


ミーティングでした。(7/19)

 ここ数日のうちに、ホントものすごく暑くなりました。
 そりゃ梅雨も明けて夏だからだな。

 夏は季節的にもシゴト的にも好きではない。

 例年通り7月に入ってからも、シゴト量減少傾向。
 ヒマではないけども忙しくもないと言った塩梅。
 ただ、普段の仕事以外にやることがたくさんあるのでいろいろと取り組んでます。

 さて、ミーティングでした。

 6月はまあまあ忙しかったし、今年はこのところ堅調に推移しているのでまだ良い状況。

 日々たくさんいただく問い合わせや引き合いもそれなりにシゴトに繋がってきてるし。
 それら引き合いに対する対応も、みなで協力しながら進められるようになってきたので、さらにいいカタチ。

 レスポンスが早くなると、印象も良くなるし、シゴトに繋がる率も高くなる。
 ヤヤコシイ質問や課題とかだけではなく、ちょっとした刃型の見積もりに対してもそう。

 最近の日伸は顧客対応力が向上してきて、またいいカタチになってきてる。
 それも社員みんなの協力と行動のおかげで。

 ありがとうありがとう、かんしゃです。


 さて、先日記事にした職人募集にはまだ反応はありません。

 しかし、こういった告知や情報発信を続けることでなにかミラクルに近い、いいコトが起きるような気がしています。
 なので、引き続き募集していますので見られた方々は情報の拡散でもいいのでよろしくお願いいたします。

 そしてそれとは別に、いま日伸は作業補助的なシゴトを手伝ってくれる人も探しています。
 刃型を製造する上で、職人技のような専門的ではない、カンタンな作業も中にはあります。
 いまはそのカンタン作業を、職人のみんなが手分けしてやってくれているのですが、その作業から彼らを解放したいと考えています。

  専門的な技能を有する職人なんだから、やはり刃曲げのシゴトに専念してもらいたい。

 なので、カンタンな作業をお手伝いしてくれる、パートさんやアルバイトさんを募集しようと思います。
 だいたいおヒル過ぎから夕方あたりまでの3、4時間くらいかなと考えてます。
 まだ、詳細未定なことが多いので、本件に関しては改めて告知します。
 よろしくです。

 ぼちぼちとですが、日伸製作所が目指す理想のカタチへ。
 少しずつでも歩を進めてゆきたいと、常に考えて行動しています。

 これからどうなるかは誰にもわかりませんが、いまできることを進めてゆきます。


人材募集!!

 いま日伸製作所は、人材を探しています。

 刃を曲げることができる職人を探しています。

 できればシールの刃を曲げれる人を探しています。


 前回の記事にも書きましたが、刃曲げ職人を増員したいと考えている。
 ここ数年で取り組んできたことが実を結び、仕事量も順調に増えている。
 そしてこれから先も、まだまだ日伸製作所は成長してゆく予定。
 その実現のためにも、刃曲げ職人の増員は不可欠だということです。

 時間をかけてヒトを育てたりする方法は考えていません。
 経験者を探しています!!
 刃を曲げた経験のある方、もしくはいま現在刃を曲げるシゴトをしてる方!!!
 次はうちで刃曲げてみませんか?

 現在、日伸の社員はわたしと社長を含めて9人(男7女2)。
 月給制、年一回昇給、年2回賞与、各種保険完備。
 基本隔週土(第2,4土)休み、交通費ほぼ満額支給、有給休暇制度あり。
 と、条件はそんなに悪くはないと思います。
 肝心の給与についても同業他社さんよりは良い方だと思ってます。

 「話し聞いてみるだけ」でもいいので、刃曲げができる方からのご連絡をお待ちしております。
 ご連絡先は下記まで。

  電 話:06-6977-0061
  メール:shin@wacoo.co.jp
  日伸製作所 新谷まで

 連絡待ってます。


ミーティングでした。(6/20)

 梅雨なのでやっぱりよく降る。

 そして6月はやっぱりゆっくりなひと月。
 どこもかしこもゆっくり。

 日中のクルマも少ないし、どこで聞いても「シゴト少ない」と・・・。

 そんな一年でいちばんヒマな6月ですが、日伸はそれなりに忙しい毎日。
 ありがたいことです。

 シゴト量も順調に受注できていますし、お得意先さまからの引き合いとお問い合わせも順調に増えてます。
 とてもありがたいことです。

 ありがとうございます。


 さて、ミーティングでした。

 今年度は年始から5月までは堅調な推移なので悪くはないカタチ。
 みなの日々の努力が確実に実を結び、そしてそれらが成果となって現れているのだと感じます。

 かんしゃです。

 このみんなの努力や前向きなキモチに応えるために、わたしも日々努力を続けます。
 社員のみんなが期待する成果はまだまだ引き出せてはいませんが、「必ずいいカタチにするんだ」という決心を基にして事に取組んでゆきます。

 本当にありがとう、かんしゃです。

 そしてそのこととは別にして、今後はヒトとモノに投資をしてゆき、作業負荷を軽減したりキモチ的な障害を取り除いてゆくようにします。

 ヒトという面では、刃曲げができる職人を増やそうかと考えている。
 限られた時間(納期)の中で、常に高品質の刃型を作り続けてゆくためにも、やはり自社の要の部分を強化しておきたい。
 未経験者やワカモノを育ててゆくのでは、道のりが長過ぎるし険し過ぎ。

 モノという面では、こちらも刃曲げに関連するが今のよりも高機能な刃曲げ機を追加導入したいと考えている。
 手曲げできる職人も必要だが、機械を使って刃を曲げる技術の向上も、今後の戦略には欠かせないことだから。
 キカイを使うのであれば、未経験者でもワカモノでもなんとかなりそうだし。

 それ以外にも、ノギスをデジタルに移行するとか、照明をもっと明るくするとか、手回りの部分で、もっとみんなが作業しやすい環境を作ってゆきたい。

 そんな内容でした。

 いま挙げた目標のひとつひとつをわたしは着実に実現してゆきますので、みんなもそれに歩調を合わせて自分自身を進化させていってください。
 これからみんなでやり遂げてゆきたいことがいろいろとありますので、どうぞどうぞよろしくです。


本日の来客(3/1)

 もうほんとあっという間に2か月過ぎました。
 今年はなんか早過ぎるしそれに加えてものすごく慌ただしいし忙しい。

 いいことなんだけど、こんな調子で一年乗り切れるかちょっと心配。
 でも、いろいろとチャンスが転がってるんだから、チャレンジしないワケにはいかないのだ。

 日伸をさらに充実した毎日にしてやろう。


 さて本日の来客は地元大阪から。
 この度のお客さまも我々の業界からは少し離れたカテゴリでした。

 社長さん含め10人くらいでの見学来社。
 彼らのシゴトとはほぼ関連性が無いのにも関わらず、けっこう興味深く見ておられました。
 お若い方が多かったのですが、みなさん聞く姿勢や見る姿勢に積極性が感じられ、とてもイイ感じのチームでした。

 ここの社長さんとは2、3回お会いしたくらいですが、なかなかステキで魅力的な方です。
 そんな人に率いられている組織だから、社員のみなさんも元気で前向きなんだろうと感じました。

 がんばってて前向きな会社さんが、日伸に見学に来てくださるのはたいへんにイイこと。
 こちらもいろいろと学べるところがあったりしますのでね。

 また機会あればいつでも見にきてください。
 どうもありがとうございました。


ミーティングです。(1/18)

新しい年になり、もう半月過ぎました。

また今年もみなさまのお役に立つべく倍旧の努力で一年駆け抜けます!!
本年もどうぞよろしくお願いたします。


さて、やはり1月はゆっくりムードです。
さらには土曜日ということもあってか、電話もあんまり鳴らないし。
でもおかげで、残ってるシゴトがいろいろと片付いた。

で、早々にミーティング。

話したのは、「去年までの動きと結果」についてと「今年からの動きと予定」について。

ここ2、3年を含め去年までの動きについては、ほぼ予定通りに進みました。
おかげさまで結果も十分。

日伸製作所の認知度は向上し、お問い合わせや引き合いが格段に増えました。
その結果、提案型の刃型作製の件数が増え、刃型の作製技術もさらにパワーアップしました。
そしてそれらが知らず知らずのうちにみんなの自信へとつながってゆき、日伸製作所をひとまわりもふたまわりも成長させてくれたワケです。

おかげで日伸はものスゴクいい会社になってゆきました。
みんなのおかげです、どうもどうもありがとう。


そして今年からの動きについて。
去年とは少し違うけれども、向かうべき方向性は変わらず。

それは、お得意先さまのお役に立てる日伸製作所であり続けることです。

そのための課題をそれぞれが自身に設定し、その目標に向かって突き進むこと。
今年も引き続き「自己意識の改革」と「自分自身を進化させること」がお題目ですから。
そしてそれから先5年10年後の展望をおぼろげながらに見据えてさらなる成長を遂げてゆく。

みんなのチカラで、日伸製作所をもっともっといい会社にしてゆきたい。

今年も一年しっかりと歩を進めてゆきましょう。
どうぞよろしく。


今年も一年どうもありがとうございました。

 やはりあっという間に一年が終わりました。

 今年も一年ほんとに慌ただしい毎日でした。
 前向いて一歩一歩進んできた結果、昨年よりも少しはいいカタチで一年を締めくくることができました。
 これもひとえに、日々ご発注くださるお得意先さまみなさまのおかげです。

 今年も一年本当に本当にありがとうございました。


 さて今年は、「自分自身の意識改革」をそれぞれ目標としてやってきました。
 単年で成果を上げるにはムズカシイお題でしたが、各々なんとなくその兆しが見えてきたのではないかと感じます。
 なかなか方向性が見いだせず立ちすくんでいる人もいますが、「自身の意識改革」を胸に来年も悩みながらその答えを探してくれたらと思います。

 なので、来年の努力目標も「自身の意識改革」としておきます。
 他のなにを変えるでもなく、自分自身を進化させる努力を。

 来年は1/6(月)からの営業です。
 めいっぱいの前進と努力でもってお得意先さまのお役に立つ日伸製作所を目指してゆきましょう。


 2014年、日伸製作所に関わるすべての方たちにイイことがありますように。


オフサイトミーティングやります。

 ひさしぶりにオフサイトミーティングを開催しようと思います。

 もうずいぶん前からやってますが、その頻度はかなり少なくなりました。
 年に1、2回くらいか。

 しかも最近はその内容もややずれてしまって、いまでは「シゴト終わりの雑談会」に近い状態だったかも。
 もはやオフサイトミーティングと呼べるモノではないのですが、それでもやろうと思います。

 仕事終わって、みんなでちょっと集まって、仕事と関係無い話あれこれして、さらっと帰る。
 別にね、なんでもいいんです、理由なんかなくても。

 会話やコミュニケーションが十分でないと、なんだかキモチがカサカサしてきます。
 こういう機会があることで、そんなカサカサをちょっとくらいでも緩和できるとわたしは考えています。

 それに「またやりたい」と、みなが言ってくれるので・・・。

 本当にありがとう。
 みんなにかんしゃしています。

  日時:11/16(土)18:00〜
  場所:日伸4F(大広間)

 参加希望の方は、わたしまで連絡をください。
 お待ちしてます。


ミーティングでした。(10/19)

 週明けには雨はあがってるようですが、まだ曇り空が続いています。
 来週にはまた新しい台風が接近中だし。

 そう、新人の誠太郎は早や3か月目に突入。
 予想外の動きの良さで今後に期待ができそうな感じです。

 先日その誠太郎に借りた本がなかなか良かったので紹介。
 岩瀬大輔氏の「入社1年目の教科書」というビジネス書。

 この本はなかなかに良かったです。
 入社1年目じゃない人も読んでおいた方がいい本。
 いや、1年目じゃない人が読むべき本かも。

 さて、ミーティングでした。

 9月の実績は前年比プラス数%。
 これは年末に向けての順調な滑り出しかと思っていたら、10月に入ってからは受注量が思うように伸びず。

 こちらも天気と同じく予測がつかない。

 ここ2、3年は過去の統計が当てはまらない月が多くなってきている。
 やはり印刷に関連する世の中の動きが変わってきてるのかもしれないと感じる。

 需要の低減だけではなく、オンデマンド印刷や個人印刷など。
 ここ数年で我々の手を介さないシールの印刷もちらほらと出現。
 そしてこれから先の少し先には、シールのレーザーカットなんかも手段のひとつをなってくると思う。
 これはもうシールダイカット業界のパラダイムシフトとなるインパクトです。

 ほんとに予測のつかないこれからの抜型業界。

 それでもお得意先さまからの受注はあるし、新しい引き合いもある。
 問い合わせも多い方だし、まだできることはたくさんある。

 とにかくいまできることをやりながら、これからできそうなことにチャレンジする。
 そうして一歩ずつでも前に進む努力を積み重ねるしかない・・・。

 この不安定な現状を、できることなら社員全員でチカラあわせてうまく乗り切ってゆきたいと思う。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
profile
selected entries
recent comment
categories
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links